ウルトラマンの必殺技

「ウルトラマンの必殺技」

ウルトラマンの必殺技はなぜあのような手を交差させた形なのだろうか
1966年(昭和41年)放映当時、子供の誘拐事件が今よりも多く発生し未解決事件として捜査も終わってしまっていた
当時はまだ監視カメラもgpsもなく子供を狙う犯罪者を特定することも
逮捕することも難しかった

そこで白帆の矢が立てられたのが子供が好んで見るTV
何とか子供自身に身を守らせる、犯行を防止させることをさせることが出来ないものか
考え出されたのはウルトラマンというヒーローの決めポーズ

子供でも簡単にやれて犯人に犯行を止めさせるは・・・
密教の印を結ばせることであった
ウルトラマンのスペシューム光線は密教印で言うところの十字結界
不動明王の破邪の剣を顔の前に置く

密教僧の二本指を立てて顔の前におく形と同じ
さらにウルトラセブンはおでこにその剣印を二つ合わせている

ウルトラマンは誘拐事件を防ぐために放送された番組でもあった

コメント

  1. 御茶漬海苔 より:

    なかなか興味深い!

タイトルとURLをコピーしました